会社案内

ごあいさつ

daihyo

 平成23年5月に先代社長より経営を任されました。まだまだ若輩者ですが、お客様の為、社員の為、地域の為に力の限り尽くしていきたいと思っております。
 当社は明治15年の創業以来、容器づくりを核に歩んで参りました。創業以来、数多くのお客様や取引先様にかわいがって頂き、今日が在ると信じております。
 私は、お客様に提供できるサービスの一つに“スピード”があると思っています。価格・品質は当然のことながら、今後私達は、今のスピードを極限まで高めることで、お客様に喜んで頂けるサービスとしての“スピード”を提供していこうと思っております。お客様に“速いな!”と言って頂ける事を励みに、スピードアップに突き進んで参ります。
 私達はこれからも着実に一歩ずつ、数多くのお客様にサービスを提供できる企業へと進化していきたいと思っております。

会社概要

社  名 株式会社タチバナ
代  表 橘 一徳
創業・設立 明治15年1月
本  社 〒646-0216
和歌山県田辺市下三栖11-19
TEL 0739-34-0111 / FAX 0739-33-0551
東京営業所 〒340-0022
埼玉県草加市瀬崎1-9-1-301D
TEL 048-922-8777 / FAX 048-922-8770
九州営業所 〒849-0903
佐賀県佐賀市久保泉町大字下和泉2060-7
TEL 0952-37-7027 / FAX 0952-37-7028
資 本 金 1,000万円
社 員 数 100名
取引銀行 三菱東京UFJ銀行田辺支店
紀陽銀行田辺支店
きのくに信用金庫田辺支店
営業品目 各種プラスチック製品の販売
各種木製品の販売
各種包装資材の販売
各種包装機器の販売、排水処理プラント処理請負
各種防水・防蝕工事請負
レンタルパレット取扱
各種パレット販売
FRP製品の製造
PET製品の製造

沿 革

明治15年1月 初代・橘善吉によって和歌山県西牟妻郡田辺町に「橘桶店」を創業。
木製桶・樽の製造販売に従事する。
昭和5年3月 二代目・橘幸太郎に経営を譲渡。
社名を「橘製樽所」と改称、着々と事業を強化し、拡張・発展を続ける。
昭和43年3月 三代目・橘一郎が事業を継承。
同時に化学製品の製造に着手し、「橘化成工業」を併設。
昭和45年5月 田辺市万呂にFRP工場を建設。
コンクリート槽のライニング事業にも着手。
昭和52年9月 田辺市元町にPVC中空成形工場を建設。
昭和55年6月 エポキシ樹脂による床ライニング事業に着手。
昭和56年1月 橘化成工業を法人化にともない、社名を「株式会社橘化成工業」に改称。
昭和57年9月 現本社の所在地、田辺市下三栖に本社社屋を新設。FRP工場、PVC工場を統括。
昭和60年3月 PETストレッチブロー容器の製造に着手。
平成7年11月 株式会社橘化成工業を製造会社とし、新たに販売会社「株式会社タチバナ」を設立。製造・販売の専業化により、さらなる事業強化をはかる。
平成8年1月 株式会社タチバナは環境保全への対応をはかるべく、各種産業排水プラント処理事業、及び紙器製造事業に着手する。
平成8年6月 東京都港区芝に東京営業所を開所し、東日本地域の販売強化を図る。
平成9年7月 取り扱い物量の増大にともない、自走式ピッキングクレーン2機を備えた自動倉庫を新設。
平成11年6月 高効率燃焼システムを採用した、業務用焼却炉の取り扱いを開始。
平成12年5月 新製品の開発強化を図るため、設計開発部門を新設。
平成14年5月 品質の安定化を図るため、品質管理部門を設置。
平成14年6月 機械販売の強化とメンテナンスを専門に行うためSE(セールスエンジニアリング)部門を設置。
平成14年7月 FISH容器意匠取得
平成15年1月 K-1.0-3意匠取得
平成15年1月 ネジロックⅠ型特許取得
平成15年4月 ネジロック部意匠取得
平成15年4月 ポット1000意匠取得
平成16年2月 ISO9001:2000(品質マネジメントシステム)取得。
平成16年10月 取り扱い物量の増大にともない、ムービングラックを備えた倉庫を新設。
平成16年12月 高蓋容器実用新案取得
平成17年11月 3D-CADを導入し、提案型営業に活用を始める。
平成19年10月 第5倉庫完成
平成22年7月 真空圧空成形機導入
平成22年12月 第6倉庫完成
平成23年3月 福岡営業所開設
平成23年5月 現社長・橘一徳が事業を継承。
平成25年8月 3Dプリンタ導入
平成26年3月 九州工場(佐賀県)竣工
福岡営業所を九州工場に移転し九州営業所を併設
平成26年4月10日 九州工場、本格稼働

本社/交通アクセス

東京営業所/交通アクセス

九州営業所/交通アクセス